HAT計測器校正.jp

照度計、紫外線強度計、輝度計、温度計の校正はISO/IEC17025:2017認定試験所の

(株)エイチ・エー・ティーが証明書を発行いたします。

お問合せ・資料請求

www.keisokuki-kousei.jp

●輝度計校正

●照度計校正

●紫外線強度計校正

上記の校正品についての

【発送先】

〒186-0012

東京都国立市泉1-6-10

株式会社エイチ・エー・ティー

国立事業所 NDT事業部

校正室 宛

tel.042-580-3480

●温度・圧力計校正

●蛍光浸透探傷疲労試験

 (蛍光輝度試験)

発注の前に液体の発送方法をご覧ください。

上記の校正、試験品についての【発送先】

〒196-0024

東京都昭島市宮沢町2-39-1

株式会社エイチ・エー・ティー

NDT事業部 宛

tel.042-519-7825

 →発送方法

校正品の内容により発送先が異なりますのでご注意ください。

会 員 特 典

会員登録をしていただくと

下記の特典がご契約できます。

●年間契約割引

●台数割引

●校正日時の事前お知らせ

 などの特典が得られます。

この他にも特典を企画中ですのでお気軽に登録してください

会員登録をする

外部リンク

●非破壊検査関連

http://www.hat-ndt.com/

●本社(ものづくり)

http://www.h-a-t.co.jp/

● TOP PAGE

蛍光浸透探傷疲労試験(蛍光輝度試験)

米国航空宇宙用材料規格(AMS)対応について

弊社の蛍光輝度試験はAMS2644 Revision Gに準規しており多くの航空機部品を扱うメーカー様やサプライチェーン様よりご依頼を承っております。

蛍光輝度試験とは

蛍光浸透探傷装置に使われる浸透液(蛍光剤)の劣化度合いを測定するテストである。(蛍光輝度・水分含有量等の試験)

蛍光浸透探傷装置とは

金属部品の表面の微細な亀裂の有無を調べるために金属部品の表面を洗浄剤でぬぐい、蛍光浸透液(蛍光剤)を塗布する。その後表面の余分な浸透液を水洗し乾燥させる。現像剤を塗布する事により亀裂に入り込んだ浸透液が毛細管現象により浮上って来る。紫外線を照射し表面を観察する。航空機部品は主にこの蛍光浸透探傷装置を用いて部品に亀裂がないことを実証している。この浸透液(蛍光剤)の劣化具合を定期検査することで探傷剤の有効性を確認している。

 

蛍光浸透探傷疲労試験(蛍光輝度試験)の液体の発送について

ご依頼いただく場合の手順

ご用意頂く液体の容量

① まずは「お問い合わせ・お見積依頼」またはお電話にてご相談ください。

② 弊社からお見積書を24時間以内にお見積いたします。

③ ご発注頂く場合は空の容器(良く洗浄されたペットボトル350ml)に使用中の蛍光浸透液を入れて液漏れのないように発送してください。

④ 検査の結果は弊社に到着後1週間以内にお知らせいたします。

 

●蛍光輝度試験のみのご発注の場合は150mlほどご用意ください。

●蛍光輝度試験と疲労試験の両方ご発注いただく場合は500mlほどご用意ください。

各種検査証明書

校正ご依頼のお客様へ

メール送信先:info1★h-a-t.co.jp(★を@に変換してください)

校正依頼書をダウンロードしてメールまたはファックスしてください。>>>>
株式会社エイチ・エー・ティーNDT事業部

 昭島事業所

昭島事業所

〒196-0024 東京都昭島市宮沢町2ー39ー1   TEL:042-519-7825 FAX:042-519-7826

問い合わせ042-580-3480

Copyright ©2022HAT co.,ltd. All rights reserved.